【Google】Stadiaは最強のゲームプラットフォーム

Googleのロゴ LIFE HACK
スポンサーリンク

皆様は2019年3月にGoogleから発表された『Stadia』というクラウドゲームサービスをご存知でしょうか?

今回は、ゲーム業界を揺るがしかねないこのサービスについて解説していきます。

スポンサーリンク

Stadia

引用:https://wccftech.com/uk-very-interested-google-stadia-switch/

『Stadia』は「ステイディア」と読み、サービス元は皆さんご存知のGoogleです。

登録制のクラウドゲームサービスで、以下の特徴が挙げられます。

  • 60FPS
  • 4K解像度
  • 専用のコンピュータハードが不要(ネット環境とGoogleChromeがあればOK)
  • ゲームのダウンロードが不要
  • YouTube上での配信・録画可能

特に黄色部分は今までのゲーム概念を壊してしまうほどのインパクトがあります。

ゲーム自体をGoogleが所有しているデータセンターから配信する(ストリーミング)という方法が取られています。

SonyではPS4、任天堂ではSwitchのように高価なゲーム端末の購入や、ゲームソフト購入後の端末へダウンロード作業が不要になりました

しかし、Googleとしても利益が必要のため有料サービスになると予想します。

5Gとの相乗効果

5Gの接続イメージ

データセンターと自身の端末(スマホ・PC)とのやり取りはインターネットを通じて行うため、ラグや解像度が心配されています。

現状のインターネット回線では限界があることをGoogleは把握しており、

『遅延改善を優先のためか画質や音質がかなり圧縮されていた』

とクローズドベータテストの参加者からコメントがあがっていました。

上記の問題を改善するのが『5G』です。

(計算されたように各国で2019年内に5Gの稼働をめざしていますよね)

サービスの内容や発表の時期を踏まえると、企画から広報まで全てが戦略的に考えられていますね。

通信速度が現状の10倍以上となり、遅延・画質・音質の全てが揃った暁にはゲームプラットフォーム業界を独占してしまう気がしてしまいます。

過去記事で少し『5G』に触れています。こちらもどうぞ

過去記事

今後を予想

『Stadia』が開始後、ゲーム系YouTuberは伸びると予想されます。

動画をみていて面白そう!と思って、5秒後にはそのゲームがプレイ出来るサービスです。

ゲームーユーザへのインフルエンスが強い方はが今後のマーケティングの鍵になります。

また、ゲームを作成する側は『Stadia』上で動作するか否かが、販売数の鍵になってきます。

と未完成マーケターの解説と予想でした。

開始された際はガジェットとして再度紹介させていただけます。

一読いただきありがとうございます。

LIFE HACK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
いわたまをフォローする
スポンサーリンク
iwatamaBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました