【簡単】アサリ・ハマグリの泥抜き

浜辺−GW−海開き LIFE HACK
スポンサーリンク

ゴールデンウィーク目前!今回はアサリやハマグリのなどの貝類の泥抜きお手軽方法について解説します。

スポンサーリンク

泥抜きの方法

準備するもの

  1. 採ってきた貝
  2. 採ってきた浜辺の海水(2Lペットボトル程度)
  3. ボール
  4. ザル

手順

①貝を『水道水』で軽く洗う

強く洗うと貝が痛み鮮度が落ちるので注意

②ザルに貝を入れる

入りきらない場合はもう一つ用意しましょう

③ボールに貝入りのザルを入れ、海水を貝が浸る程度以上入れる

ここで海水を利用する理由として、生育環境の水の方が呼吸開始がはやく泥の抜けるスピードが速いためです。

④ボールに蓋をする

貝が水を噴き出すのでしていないと水浸しになります。

⑤暗く静かな所に2時間〜24時間置く

ザルを持ち上げれば汚い水と貝をすぐに取り分けられます。

以上です!

最後の一手間

泥抜きしたのにジャリジャリする

泥抜きをしっかりした!しかし、料理を食べたらジャリっとなった経験はありませんか?

それは『ヘドロ爆弾』が原因です。

ヘドロ爆弾とは

見た目は閉じている貝ですが、中身が入っておらず泥だけが入っているものです。

こいつが味噌汁などに入ってしまうと、最悪の結末を迎えます。

見分け方

『高いところから落とす』

片手で握れる量を持ち、8cmぐらいの高さからまな板等にゴロゴロと落とします。
すると爆弾が紛れていると砂がまな板上に付きます。
砂が出たタイミングで手を止め、落としたものをよく見るとヤツが混ざっていると思います。

これを繰り返すころで料理に泥が混ざってしまうことはほとんどありえません。

最後に

これからは潮干狩りの季節になり、貝料理を作る機会が増えるますし、せっかくなら美味しいものを食べていただきたと思ったので紹介しました。知り合いの方にもライフハック共有してあげてくださいね。

LIFE HACK
スポンサーリンク
スポンサーリンク
いわたまをフォローする
スポンサーリンク
iwatamaBLOG

コメント

タイトルとURLをコピーしました